お問い合わせ  サイトマップ

ホーム > 製品情報・サービス> ナスファインサンド
 製品情報 ナスファインサンド
   ナスサンド
   ナスファインサンド
ナスファインサンドは、ナスサンドの生産過程で発生する微粒分です。製造に用いられる原鉱石には、有害物の重金属や硫化物は含有されていません。又、製錬工程中でも有害物は混入しません。溶出試験による「環境46号」に準拠した製品なのです。
砂よりやや重めで地盤の安定が良く、粒度が一定で均質です。自然含水比での施工に適しており、支持力が特に安定しています。又、法面盛土に適し円弧滑りに強い性質があります。粒度的には97%が75μ以下でシルト質に分類されています。土としてのコンシステンシー特性は、非塑性であり、砂質土の性質を示しています。なお化学成分は異なりますが、密度・粒子はセメントに近い値を示しています。ナスファインサンドは化学分析、X線回析の結果、セメント系材料として使用しても有害ではない結果を得ています。



ナスファインサンドの有害物質の溶出試験結果
 単位 : mg /L
項目 環境基準値 試験結果
 アルキル水銀化合物  検出されないこと  不検出
 水銀又はその化合物  ≦0.0005  <0.0005
 鉛又はその化合物  ≦0.01  <0.005
 カドミウム又はその化合物  ≦0.01  <0.005
 砒素又はその化合物  ≦0.01  <0.005
 六価クロム化合物  ≦0.05  <0.005
 ふっ化物  ≦0.8  <0.05


ナスファインサンドの土木工学的試験結果


項目 測定値
  土粒子の密度  (kg/L) 3.08
  シルト分(0.005〜0.075)  (%) 97
  最大乾燥密度(g/cm) 1.62
  CBR値(%) 33.8
  コーン指数  (kN/m 2
1377
  内部摩擦角  (°) 33.9


ナスファインサンドの粒度分布・粒径加積曲線図




  サイトポリシー